頭の中の日本語

試運転中

神話創造。今、ラナ・デル・レイについて再び考える。

随分ご無沙汰してしまいました。

ラナ・デル・レイが新しいMVをリリースしました。

ずっと忙しくてブログを書く時間を捻出できず、リリースからちょっと時間が経ってしまいましたが、ここ最近のラナさんのビデオが非常に素晴らしいので、彼女についてまた随分色々考えました。


Lana Del Rey - White Mustang (Official Video)

 

ラナちゃんと並んで好きだったラナ世代の女性シンガー達が自己の探求を止めてしまい安穏としたその地位に甘んじてる様に見える中、孤独に精進を続けているラナデル様。

今回のMVも見事です。見ていると痙攣的な笑いがこみ上げてくるのは私だけでしょうか?しかしラナさんは決してウケ狙いで作っていないと思います。むしろ彼女の心のビジョンを非常に忠実に表現しているからこそ、このような面白いビデオになっているのだと思います。

 

今回のアルバムのトレーラービデオも目をみはる物があります。


Lana Del Rey - Lust For Life album trailer

 

最初に載せた「White Mustang」のMVで、彼との別れの後、仁王立ちするラナさんの後ろから垂直にロケットが飛んで行くときも震えましたが、このPVでも自由の女神の炎がパチンとショートしたりと細かな演出に抜かりがなく脱帽です。

 

草むらの中からハリウッド、そしてハリウッドの中にお住まいのラナさんという導入もぐっとくるものがあります。余談ですが、ラナさんは最近、よく「むふっ」って笑いますね。

 

トレーラーに繰り返し現れるアメリカの象徴を見ていて、デビュー当時のラナ・デル・レイがインタビューの最中にコーラを飲んでいたのを思い出しました。

その時はまだ曲「コーラ」の発表前だったので、この健康ブームの最中にコーラを飲んでいるのが不思議で強く印象に残っていました。今回アルバム・トレーラーを見ていて、ああ、コーラはアメリカの象徴だからなのか、とやっと気が付きました。

 

ボーン・トゥ・ダイ ザ・パラダイス・エディション

 

それを機に、ラナデルさんがその活動で目指している場所を考えていました。「BONE TO DIE」で彗星のごとく現れたラナ・デル・レイ。ファーストアルバム発表当時はまだ不安定な感じでその実態がよく見えなかったのですが、「National Anthem」辺りから、今のひな型ができあがってきて、「TOROPICO」と「Born to Die-the Paradise Edition」の2つで彼女の目指すものが明確に見えるようになったと思います。

何度もこのブログで載せていますが、ショートムービー「TOROPICO」です。


Lana Del Rey - Tropico (Short Film) (Explicit)

 

最初にみたとき、「寺山修司の『田園に死す』???」と思いました。

マリリン・モンローエルビス・プレスリーが黄泉の国(本当はエデンの園なのですが)みたいなところでなんとも言えない気持ち悪さで動いていて、やばいラナちゃん本物だった!と思ったのでした。

 

映画はジョン・ウェイン最高神です)に許しを請いているところから始まります。そしてアメリカのイコン達のお告げのあと「ボディ・エレクトリック」を歌います。

(そのお告げの間に変な電波音が入っていて、お告げ感がやたらリアルです)

「ボディ・エレクトリック」は歌詞の中にも名前が出てくる「ホイットマン」の詩「I sing the body electric」へのオマージュでしょう。これ気になってしまって、詩集を買ってしまいました。

 

おれは電熱の肉体を歌う(抜粋)

 

おれは電熱の肉体を歌う

おれの愛する者たちがおれを包みこみ、おれもそいつらを包みこむ、

そいつらはおれを離してはくれない、おれが頷くまで、応えるまで、

清めてやるまで、そして魂の電力でいっぱいに帯電させるまで。

疑いなどない、自分自身の肉体を穢す者は臆病者だということに。

そして、生ける者を汚す者は死せる者を汚す者ほど悪いということにも、

そして、もし肉体が魂ほどの働きをしないなら、

そして、もし肉体が魂でないとしたら、魂に意味などないということも。

 

「おれにはアメリカの歌声が聴こえる −−− 草の葉(抄)より」

おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄) (光文社古典新訳文庫)

おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄) (光文社古典新訳文庫)

 

 

今までアメリカのシンガーたちは歴史を語る時にインディアンに行く人が多かったように思います。「このウエイトレスを殺したい」と呪いの言葉を紡いだトーリ・エイモスも自分のルーツを探っていった「スカーレット・ウォーク」ではかなりインディアンの比重が大きいと思いました。もちろんインディアンの血が入っている人も多いですし、アメリカの歴史を語る上でインディアンはとても重要だと思いますが、一般的な他所から移住してきたアメリカ人が歴史的なものを見出そうとした時に、インディアンに頼っている部分がかなりあるように見えていました。

そんな中、ラナ・デル・レイが登場します。

私の母はマリリン、父はエルビス、友達はキリストと歌います。

友達はキリストということはラナ・デル・レイはキリストと同等ということです。つまり神の子。よって母のマリリン、父のエルビスは神様。アメリカ版、イザナギイザナミ神話の誕生です。

ラナさんはマリリンとエルビスを神に仕立て、ハリウッドという聖地の中で、アメリカの新しい神話を創造しようとしているのです。

巫女というより卑弥呼アマテラス、凄いコンセプチュアル。

彼女は真のアメリカ人を目指している。

 

ラスト・フォー・ライフ

ラスト・フォー・ライフ

 

 

 

 

実は前からずっと好き セレーナ・ゴメス

今までブログで話題にあげたことがないのですが、セレーナ・ゴメスが大好きです。ラジオから流れてくる色んな人の曲を聴いていると、みんな必死になってスターの位置にしがみついているような感じを受けるのですが、一人全く別の関係ないところで、フランスかスペインのシンガーみたいにポツリポツリと自分の声で歌っている女の子いるな、っといつも気になって調べると絶対セレーナゴメスなのでした。
と言ってもスーパースターなので、今さら書かなくてもいいかと思ってましたが、最近リリースされた2曲のMVに吹っ飛びましたので、MV載せたい‼となってしまったのです!

まずは先にリリースされたこちら。


Selena Gomez - Bad Liar

 

Bad Liar

Bad Liar

  • セレーナ・ゴメス
  • ポップ
  • ¥250

 

ヤバい。子猫みたい。可愛すぎ。子供がままごとをしてるようにしか見えません。
子供がままごとで親の真似をするときって、本当に些細な親の癖みたいなものを的確にコピーしているものですが、そういう本当っぽさが演技にあって、演技をしている演技というのでしょうか、上手いなー!!
ベットルームでプツッとキレて踊り出すところとかも体の動きとか完璧です。
こんなにシャイで繊細そうだったら、大きな声なんて出ないんじゃないか、と思ってしまうのですが、彼女の場合はそれが出るんです。その大きな声はなんか我慢の限界を越えた感じがあって、聴いているほうはドキドキしてしまいます。

それから先日MVが公開されたこちら。
フェテッシュ、まさに。


Selena Gomez - Fetish (Audio) ft. Gucci Mane

Fetish (feat. Gucci Mane)

Fetish (feat. Gucci Mane)

  • セレーナ・ゴメス
  • ポップ
  • ¥250

 

唇だけの演技だけなのに、繊細な仕草が絶妙で目が離せません。
時々痙攣する唇に(何度も撮りなおしで大変だったのでしょうか)、戸惑う心のエッセンスみたいなものが見えて凄くいい。
曲も素晴らしいですね。映画で例えたらマルグリット・デュラスの自伝的映画「愛人/ラマン」、イザベルアジャーニの若い頃の映画「殺意の夏」、シャルロット・ゲンズブールの「シャルロット・フォエバー」などが脳裏をよぎりました。若さに暴力を感じるような、そんなエロスがあります。

イザベルアジャーニの「殺意の夏」は30年くらい前、自分が高校生のときに見たので、ほとんど内容は覚えてないのですが、太い眉毛と不機嫌ともぎたてのフルーツみたいな初々しさが印象的でした。当時の私は彼女より年下だったので、その時は今のような受け止め方ではなく「これからの参考的なもの」という受け止め方でした。若いって強い。


One Deadly Summer aka L'ete Meurtrier Argent Films Trailer

殺意の夏 [DVD]

殺意の夏 [DVD]

 
シャルロット・フォーエバー ニューマスター版 [DVD]

シャルロット・フォーエバー ニューマスター版 [DVD]

 

 

下のMVはセレーナ・ゴメスを聴いたときに思い出したスペインのシンガー、キャッシー・クラレット。ラナデルレイが好みそうなヴィンテージなPVがいいですねー!


¿Por qué, por qué? - Cathy Claret

 

唇アップのMVといえばフランソワーズ・アルディーの「fleur de lune」があります。せつない曲で大好きです。歌詞は隠喩が多く使われ幻想的かつ哲学的で、解釈の幅が広く面白いです。


Franoise Hardy Fleur de lune Chansons aimer 1970 HQ Stro (480 x 360).mp4

 このアルバムに入ってます。

 

「この女」なんて言えない。Lana Del Rey 「Summer Bummer」


Lana Del Rey - Summer Bummer (Official Audio) ft. A$AP Rocky, Playboi Carti

以前「この女」なんて言ってしまってごめんなさい!!
ラナちゃんが凄い曲出してきました。聴いた途端に虜です。

ラナ・デル・レイ・最高!!す・ご・く・い・い!!

ラナちゃんはA$AP Rockyと相性いいですね。「この女」って言ってしまった時は、「今日は楽しい土曜日」みたいな気分でしたが、この曲はまるで「日曜日の夜」みたいにジリジリと迫ってきます。A$AP Rockyの男前(なぜ神はこのような不公平をするのだろう)に負けてラナちゃんが天空から地上に戻ってきました。
久々にラナ・デル・レイがドロンとした血の通う人間となって登場です。A$AP Rocky凄いな!!


Lana Del Rey Ft. A$AP Rocky & Playboi Carti - Untitled Unreleased Song ( Snippet )


以前のこれも好きです。


A$AP Rocky - Ridin' (feat. Lana Del Rey) (prod. The KickDrums)

 

National Anthemのミュージックビデオ共演も良かった。


Lana Del Rey - National Anthem

 

 

ラスト・フォー・ライフ

ラスト・フォー・ライフ

 

 

 

デヴィッド・ゲッタとジャスティン・ビーバー「2U」の宇宙座標について(「To Ü」とはどんな関係なんですか!?)


David Guetta ft Justin Bieber - 2U (The Victoria’s Secret Angels Lip Sync)

 

綺麗なお姉さんたちの口パクのミュージックビデオを前に呆然となりました。

ラジオで流れてきました。毎日何度もかかっております。
何も知らずに聴いて、ジャスティン・ビーバーかオリー・アレクサンダー辺りの声か?と思ったらジャスティン・ビーバーでした。なんかSORRYの頃に比べて甘えんぼう声になってますか?
ジャスティン・ビーバーとオリー・アレクサンダーの声って結構近いと思うのですが、オリー・アレクサンダーはちょっとサディストっぽい男の子の雰囲気がある。そしてジャスティン・ビーバーのほうは繊細で本当優しい人の声をしているなぁと思う。ジャスティン・ビーバーのSORRYの声なんて、よく聴くと本当に申し訳なさそうです。
今まであまり注意深く聴いてなかったのですが、今回気になって声を覚えるまで色々聴いてしまった。

で、デヴィッド・ゲッタジャスティン・ビーバー「2U」ですが、まず、初めに聴いた時に、この時期にこの音、、、ストップモーションの感じとかXilentのUniverseみたい、、、と思いました。


Xilent - Universe (feat. Shaz Sparks)

つまり自分には3〜4年くらい前の音に聴こえるのですが(でもUniverseは今聴いても本当奥行きのある宇宙っぽい音で最高に好きです)、たぶんデヴィッド・ゲッタ的には「皆にハッピーになってもらえるヒット間違いなしの素晴らしい曲だよ!」というノリだと思うので、何も異存はございません。新しい音が多くの人に浸透するまで数年かかると思いますが、デヴィッドさんはじっくり熟成を待ってから、ジャスティン・ビーバーというスーパースパイスを用いて、誰が食べても絶対に美味しい曲というのを作りたいのだと思っています。

突如、「2U」を聴いててアルフィーの「星空のディスタンス」を思い出してしまいました(考えが飛躍してすみません)星空のディスタンスも宇宙の果に行き着いて、戻ってくる感じがよく表現されている曲だと思います。(気になる人はこの辺御覧ください)連れていきたい宇宙の場所はかなり近いと思います。アルフィーの80年代の曲ってXilentっぽい音と合わせたら凄い似合うと思うとか、訳わからんことまで色々妄想しました。

もうやめろって感じですが、あと90年代のヴァレンシアの「ガイア」とかも思い出して(ヴァレンシアを聴くとクイーンも思い出しますが、クイーンの宇宙座標はちょっと違う)、、、、この曲凄いんで、知らない人はちょっと聞いてみて下さい!宇宙の引き戻しや次元移動が多く、そういうのが好きな人には本当てんこ盛りの曲となっています。


Valensia - Gaia

 

アルフィーとかヴァレンシアとかは私もデヴィッド・ゲッタの「2U」を聴くまでは繋がらなかったので、なんか宇宙+サービス満点のこってりを「2U」に感じているのかもしれません・・・というか、ただそれだけが言いたいのかもしれません。書いてて、自分でもよく分からなくなってきたので、消してしまおうかと思いましたが、アルフィーもヴァレンシアも知らない人が聴いたら面白いと思うので、残しておきます。

(追記:日記を書くほどにモヤモヤしたのは、ジャスティン・ビーバースクリレックスと組んで等身大のジャスティン・ビーバーになったのに、またこてこての白馬の王子様みたいなところに行くのか?という部分に私は不安を感じているみたいです。

余計な心配なのはわかってるんですが、ジャスティン・ビーバーの年頃の子は息子とイメージが被るので、すみません!!)

 

結構モタレそうな感じになってきたので、コーヒー的に最後に、キング・クリムゾンの宇宙(座標は違います)を聴いておきたいと思います。この動画はライブなのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、この曲はストップモーション感が凄くかっこいいです!!!


King Crimson - 21st Century Schizoid Man (Live at Hyde Park 1969)

 

 

一通り書いてから、似た感じではJACK Ü(ディプロとスクリレックスの)とアルーナ・ジョージの曲とかもあったよなぁ(これも音質がいちいち凄く凝ってて大好きです)、と思ってYOUTUBEを見たら、えぇ!?これはタイトルが「To Ü」じゃないですか!!えーどういうこと!?この2つの曲は関連があるのでしょうか?今は調べきれないのですが、これ超気になる!!!!



Skrillex & Diplo - To Ü ft AlunaGeorge (Official Video)

 振り出しに戻りますが、「2U」の音はボーカル以外は際立った特徴は無いと感じました。ほとんどジャスティン・ビーバーの声しか聴こえないと言っても良いように思います・・・つまりジャスティン・ビーバーの声の魅力ってやっぱり相当だよなと確認させられた気がしました。

 なんか文章が取っ散らかってしまいました。ごめんなさい。

2U (feat. Justin Bieber)

2U (feat. Justin Bieber)

 
2U (feat. Justin Bieber)

2U (feat. Justin Bieber)

 


「この女」Lana Del Rey Lust For Life ft. The Weeknd

男は「その男」だが、女はなぜ「この女」なのだろう。

ラナちゃんがこんなミュージックビデオを出しました。


Lana Del Rey - Lust For Life (Official Video) ft. The Weeknd

 

始まりから「何この女!?」と誰でも思うんじゃないかと。

ラナちゃんが強烈過ぎてLust For Lifeで一緒に歌っているウィーケンド(※)の存在感が全然ありません。どうしたらいいか困っているようにも見えます。

この映像でラナちゃんは高いところで歌っているので、嫌な予感がしましたが、途中から走りジャンプをしだして、いつ落ちるんだろうと思っていたら、自分から滑って落ちていきました・・・。最後のシーンは私には「惑星ソラリス」に見えるのですが、言いたいことは「ラブ&ピース」でよろしいでしょうか?

 

この女を高いところに登らせてはいけない。


Lana Del Rey - Summertime Sadness

 

 (※)今回、Weekndの日本語読みを調べたところ、以前はウィーケンドだったと思うのですが、最近ウィークエンドという名前に変わっていますか?悩んでいます。

(あの髪型やめちゃったんですね。。。)

 

Lana Del Rey's Lust for Life Ft. The Weeknd - Orchestral Variations

Lana Del Rey's Lust for Life Ft. The Weeknd - Orchestral Variations

 
Lana Del Rey's Lust for Life Ft. The Weeknd - Orchestral Variations

Lana Del Rey's Lust for Life Ft. The Weeknd - Orchestral Variations

  • Ryan Louder
  • ポップ
  • ¥150