頭の中の日本語

試運転中

デヴィッド・ゲッタとジャスティン・ビーバー「2U」の宇宙座標について(「To Ü」とはどんな関係なんですか!?)


David Guetta ft Justin Bieber - 2U (The Victoria’s Secret Angels Lip Sync)

 

綺麗なお姉さんたちの口パクのミュージックビデオを前に呆然となりました。

ラジオで流れてきました。毎日何度もかかっております。
何も知らずに聴いて、ジャスティン・ビーバーかオリー・アレクサンダー辺りの声か?と思ったらジャスティン・ビーバーでした。なんかSORRYの頃に比べて甘えんぼう声になってますか?
ジャスティン・ビーバーとオリー・アレクサンダーの声って結構近いと思うのですが、オリー・アレクサンダーはちょっとサディストっぽい男の子の雰囲気がある。そしてジャスティン・ビーバーのほうは繊細で本当優しい人の声をしているなぁと思う。ジャスティン・ビーバーのSORRYの声なんて、よく聴くと本当に申し訳なさそうです。
今まであまり注意深く聴いてなかったのですが、今回気になって声を覚えるまで色々聴いてしまった。

で、デヴィッド・ゲッタジャスティン・ビーバー「2U」ですが、まず、初めに聴いた時に、この時期にこの音、、、ストップモーションの感じとかXilentのUniverseみたい、、、と思いました。


Xilent - Universe (feat. Shaz Sparks)

つまり自分には3〜4年くらい前の音に聴こえるのですが、たぶんデヴィッド・ゲッタ的には「皆にハッピーになってもらえるヒット間違いなしの素晴らしい曲だよ!」というノリだと思うので、何も異存はございません。新しい音が多くの人に浸透するまで数年かかると思いますが、デヴィッドさんはじっくり熟成を待ってから、ジャスティン・ビーバーというスーパースパイスを用いて、誰が食べても絶対に美味しい曲というのを作りたいのだと思っています。

突如、「2U」を聴いててアルフィーの「星空のディスタンス」を思い出してしまいました(考えが飛躍してすみません)星空のディスタンスも宇宙の果に行き着いて、戻ってくる感じがよく表現されている曲だと思います。(気になる人はこの辺御覧ください)連れていきたい宇宙の場所はかなり近いと思います。アルフィーの80年代の曲ってXilentっぽい音と合わせたら凄い似合うと思うとか、訳わからんことまで色々妄想しました。

もうやめろって感じですが、あと90年代のヴァレンシアの「ガイア」とかも思い出して(ヴァレンシアを聴くとクイーンも思い出しますが、クイーンの宇宙座標はちょっと違う)、、、、この曲凄いんで、知らない人はちょっと聞いてみて下さい!宇宙の引き戻しや次元移動が多く、そういうのが好きな人には本当てんこ盛りの曲となっています。


Valensia - Gaia

 

アルフィーとかヴァレンシアとかは私もデヴィッド・ゲッタの「2U」を聴くまでは繋がらなかったので、なんか宇宙+サービス満点のこってりを「2U」に感じているのかもしれません・・・というか、ただそれだけが言いたいのかもしれません。書いてて、自分でもよく分からなくなってきたので、消してしまおうかと思いましたが、アルフィーもヴァレンシアも知らない人が聴いたら面白いと思うので、残しておきます。

(追記:日記を書くほどにモヤモヤしたのは、ジャスティン・ビーバースクリレックスと組んで等身大のジャスティン・ビーバーになったのに、またこてこての白馬の王子様みたいなところに行くのか?という部分に私は不安を感じているみたいです。

余計な心配なのはわかってるんですが、ジャスティン・ビーバーの年頃の子は息子とイメージが被るので、すみません!!)

 

結構モタレそうな感じになってきたので、コーヒー的に最後に、キング・クリムゾンの宇宙(座標は違います)を聴いておきたいと思います。この動画はライブなのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、この曲はストップモーション感が凄くかっこいいです!!!


King Crimson - 21st Century Schizoid Man (Live at Hyde Park 1969)

 

 

一通り書いてから、似た感じではJACK Ü(ディプロとスクリレックスの)とアルーナ・ジョージの曲とかもあったよなぁ、と思ってYOUTUBEを見たら、えぇ!?これはタイトルが「To Ü」じゃないですか!!えーどういうこと!?この2つの曲は関連があるのでしょうか?今は調べきれないのですが、これ超気になる!!!!

なんか文章が引っ散らかってしまいました。ごめんなさい。


Skrillex & Diplo - To Ü ft AlunaGeorge (Official Video)

 

 

2U (feat. Justin Bieber)

2U (feat. Justin Bieber)

 
2U (feat. Justin Bieber)

2U (feat. Justin Bieber)

 

「この女」Lana Del Rey Lust For Life ft. The Weeknd

男は「その男」だが、女はなぜ「この女」なのだろう。

ラナちゃんがこんなミュージックビデオを出しました。


Lana Del Rey - Lust For Life (Official Video) ft. The Weeknd

 

始まりから「何この女!?」と誰でも思うんじゃないかと。

若い人は知っているかわかりませんが、昔のテレビはあんな色でした。

これを見てて、私の脳みそに吹き出す奥村チヨ


AET691 恋の奴隷 奥村チヨ (1969)1969 160630 Ver4L HD

 フェミニストから袋叩きにされそうな歌詞ですね。

 

ラナちゃんが強烈過ぎてLust For Lifeで一緒に歌っているウィーケンド(※)の存在感が全然ありません。どうしたらいいか困っているようにも見えます。

この映像でラナちゃんは高いところで歌っているので、嫌な予感がしましたが、途中から走りジャンプをしだして、いつ落ちるんだろうと思っていたら、自分から滑って落ちていきました・・・。最後のシーンは私には「惑星ソラリス」に見えるのですが、言いたいことは「ラブ&ピース」でよろしいでしょうか?

 

この女を高いところに登らせてはいけない。


Lana Del Rey - Summertime Sadness

 

 (※)今回、Weekndの日本語読みを調べたところ、以前はウィーケンドだったと思うのですが、最近ウィークエンドという名前に変わっていますか?悩んでいます。

(この髪型やめちゃったんですね。。。)

f:id:miiikbali:20170616135116j:plain

(c)手塚治虫

Lana Del Rey's Lust for Life Ft. The Weeknd - Orchestral Variations

Lana Del Rey's Lust for Life Ft. The Weeknd - Orchestral Variations

 
Lana Del Rey's Lust for Life Ft. The Weeknd - Orchestral Variations

Lana Del Rey's Lust for Life Ft. The Weeknd - Orchestral Variations

  • Ryan Louder
  • ポップ
  • ¥150

アジアの風を感じる湿度のあるナイスボイスは17才。Rich Chigga !

しばらくブログを書いていない間、音楽を聴いて独り燃え上がる日々を過ごしていました。今は仕事が忙しいので、そちらに集中したほうがいいのですが、ちょっと溜まりすぎてるので、ここに書き出してる次第でございます。


ときどき思い出した時にスクリレックスのYOUTUBEページをチェックするのですが、その時にふと目に止まったのがこの曲でした。


RICH CHIGGA x ZHU. x SKRILLEX x THEY. - Working For It (Official Audio)

 

しっとりと湿度を感じで、まるでウォン・カーウァイの映画を見たときのような気分になりました。

元バージョンがこちら。


ZHU x Skrillex x THEY. - Working For It

 

スクリレックス参加のこの曲、1年以上前のものなんですね。スクリレックスについては、かなり網羅してるつもりだったけど、見逃してた!!

 

で、私はRich Chiggaが参加してるバージョンがとっても好きなのです。彼の声が入ることで、ウォン・カーウァイの映画みたいな湿度が出るんですよねー。しかし、初めて聴いた時は、どこの人がラップをしているのか知らなかったわけですが、やっぱりアジア人の声って独特の湿度を感じるんだと思いました。

 

ウォン・カーウァイの映画「天使の涙」のサントラが大好きでした。これを聴きながらアジアの国を旅行すると、水の多いアジアの、海鮮の好きなアジアの、臭い市場の匂いとか汚い壁とかそんなものが、「おおお、すっごくクール!」となる不思議。

 


Fallen Angels (1995) - HD Trailer [1080p] // 墮落天使

 

この予告にも使われているサントラの1曲目のFirst Killingという曲はどうやらマッシヴ・アタックの「Karmacoma」らしいのですが(今回調べてて知った)、「天使の涙」のサントラとはアレンジが全然違います。サントラは誰が歌ってるのか知りたくて持ってるCDも合わせて調べましたが、わかりませんでした!むちゃくちゃかっこいい曲です。

 

で、Rich Chiggaの声を聴いて、そんなウォン・カーウァイの映画みたいな気分になって、息子に「この曲いいよ〜」と教えたら、「知ってるよ、リッチ・チガーでしょ」と名前まで教えてくれたのでした。そして彼がインドネシア人だという衝撃の事実(大げさだなぁ)を知ったのです!

リッチ・チガーと言えばこのビデオ!

 


Rich Chigga - Dat $tick (Official Video)

 

Dat $tick [Explicit]

Dat $tick [Explicit]

 
Dat $tick

Dat $tick

  • Rich Chigga
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 

もう絶妙なバランス!!インドネシア独特のアカン感じ。いるいるこういう中華系!

アジア人の私達が普通にかっこよくビデオを作っても、A$AP Rockyにはならないわけで、インドネシアっぽくちょっとイケてない感じで終わったかもしれませんが、ここでこのミュージックビデオを持ってきた計算高さ。まだこのビデオを彼が作った時は16才ですよ。いろいろ分かりすぎてる恐ろしい子!!

このミュージックビデオについてはこちらのインタービューが参考になります。

 

i-d.vice.com

 

最近ではインドネシアの音楽祭でもブレークスルー賞を取ったり、ファレルと対談したりして、なんか凄い進出っぷりです。

それにしても普通に話してもびっくりするような美声ですよね。イギー・アゼリアとかも普段の話し声を聴くとびっくりしてしまいますが、独特の周波数が出てるというか、完全に普通の人の声じゃ無いです。

 


OTHERtone on Beats1 with Rich Chigga (Brian Imanuel)

 

ちなみにRich Chiggaという名前は彼が自分で作った中国人の差別用語の造語らしいです。息子に教えてもらいました。(息子はそう言ってましたが、もとからあるスラングなのでしょうか?不明)

Rich Chiggaはインドネシアの若者の憧れの的です。これから、世界の色んな才能のある人達に囲まれてどのように成長していくのでしょう。楽しみです!

超せつないです。Mura Masa 「Love$ick ft. A$AP Rocky」

ラジオから流れてきた瞬間、うわー何!!この曲!!!と興奮してしまいました。

Mura Masa の「Love$ick ft. A$AP Rocky


Mura Masa - Love$ick ft. A$AP Rocky

Mura Masa

Mura Masa

 
Love$Ick (feat. A$AP Rocky)

Love$Ick (feat. A$AP Rocky)

  • Mura Masa
  • エレクトロニック
  • ¥250

(↑このデザインの感じ、凄く90年代っぽいですね!)

 

またいつものごとくラジオのヒットチャートを調べ、ビルボードのチャートを調べして、、、YOUTUBEで見つける迄に4時間もかかってしまった。あぁ。しかもこの曲は1回スルーまでしてしまいました。というのは、始まりがスマホで撮った動画っぽかったので、個人のビデオか〜と思って、チラ見で他に行ってしまったのです。2回目は再生回数に目がいったので、おいおい、これは何かあるでしょ、、、とちゃんと辿り着くことが出来ました。

 

この曲はもとはA$AP Rockyのラップが入っていなくて、こんな曲でした。


Mura Masa - Lovesick F*** (feat. Bonzai) (BBC Music Sound Of 2016)

 

私が元曲を聴いたのは、A$AP Rockyのラップ入りを聴いてからでしたので、後からこれを聴くと、まるでA$AP Rockyの声が入ることを待っている曲に聴こえます。元曲も美しいですが、A$AP Rocky凄いなー!声が入ることで、あんなに抑揚のある曲になるんですねー!!あとA$AP Rockyバージョンから入るようになったパパパァーンっていうラッパ(?)の音!!完璧。そしてパパパァーンを聴いたときの自分が召集される感。うう、この曲、めちゃくちゃ良い!

 

こちらにA$AP Rockyとコラボが実現したときのムラマサ君(日本人みたいな名前だな! ※注1)のコメントが出てましたので、貼っておきます。

iflyer.tv

 

私は今回の「Love$ick ft. A$AP Rocky」のようなジャズっぽいピアノの音の入ったヒップホップがすごく好きなんですね。

古い曲ですが、これとか凄く好きです!

Love$ickを初めて聴いた時にこの辺のグッとくる感じがあったのです。


Wu-Tang Clan - C.R.E.A.M.

 

 

さて、ムラマサ君は他にもチャーリーXCXとも「1 Night 」を出しました。


Mura Masa & Charli XCX - 1 Night (Official Video)

 

1 Night (feat. Charli XCX)

1 Night (feat. Charli XCX)

  • Mura Masa
  • エレクトロニック
  • ¥250

 

こちらは「Love$ick ft. A$AP Rocky」のような衝撃はなかったのですが、何度も聴くにつれ、チャーリーXCXの欲深い声がくせになりました。あとはチャーリーXCXのくねくねプリプリした感じを見るのがやめられません!!どこもかしこも茹でたてのエビみたいです!

 

「Love$ick ft. A$AP Rocky」に近い雰囲気の曲として、こちらも良かったです。

最後が不思議なブチ切れ方。


Mura Masa - What If I Go? (Official Video)

 

What If I Go? (feat. Bonzai)

What If I Go? (feat. Bonzai)

  • Mura Masa
  • エレクトロニック
  • ¥250

 

ムサマサ君は楽器も扱えるし、音も作れるし、何でも出来る感じです。ジャージー姿だと部活帰りみたいに見える21才!

どのビデオも揺れ動く多感な年頃って感じで、音と合ってて、せつなくてナイス。

 

※注1 MURA MASAは日本刀の「村正」からとったステージネームで、本名はAlex Crossanだそうです。(ウィキ参照)

Stargate Waterfall (ft. P!nk, Sia)のリミックスで90年代の民族電子音楽を思い出す

ちょっと前にWaterfallのリミックスがでました。

これがやたら90年代っぽい懐メロ仕様。うぅ。

この辺の音、この頃再び色々出てきてますよね。


Stargate - Waterfall (Seeb Remix) [Audio] ft. P!nk, Sia

 

ディープフォレストを思い出しました。この辺この辺。


Deep Forest - Deep Forest

ディープフォレストは起用しているボーカルが凄く良いので、今聴いてもぐっと来ます。

個人的にディープフォレストといえば「Marta's Song」です。この曲がJ-WAVEから流れてきた時は衝撃的でした。

Deep Forest - Marta's Song

 

この声!一度聴いたら忘れられません!!今回、WaterfallのSeeb Remixを聴いたのを機にYOUTUBEで聴いていたのですが、「なぜMarta's Songという名前なんだろう・・・?、私にとってMartaといえばMarta Sebestyenのことなんだけど・・・もしや!!!」と思って調べたら、ああ〜!Marta Sebestyenが歌ってた(涙)と、20年経って初めて気がついたのです。
Marta Sebestyenはイングリッシュ・ペイシェントのサントラで知りました。彼女の歌声、ほっんと素晴らしいです!

映画も良いので、興味を持った方は是非。戦時中の話なのですが、戦争に巻き込まれる人生をとても個人的な側面から描いています。


Marta Sebestyen in The English Patient

しかもこのサントラ、ガブリエル・ヤレドと作っているんですね。ガブリエル・ヤレドは「ベティ・ブルー」のサントラなどもしていますが、複雑な心情を音にする天才だと思います。この曲だけ聴いてもちょっと分からないかもしれませんが、映画と合わせて曲を聴くと、その映画を見てなんとも言えない複雑な気持ちになっている自分を代弁してくれているように感じます。


Betty Blue 37.2° le Matin Gabriel Yared Maudits Manèges

 

 Marta Sebestyenはこれを聴いていました。良いですよ〜!

ザ・ベスト・オブ・マールタ・シェベスチェーン?ザ・ヴォイス・オブ“イングリッシュ・ペイシェント”?

ザ・ベスト・オブ・マールタ・シェベスチェーン?ザ・ヴォイス・オブ“イングリッシュ・ペイシェント”?

  • アーティスト: マルータ・シェベスチェーン,マールタ・シェベスチェーン
  • 出版社/メーカー: ビデオアーツ・ミュージック
  • 発売日: 1997/04/23
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 


DEEP FOREST FEAT. MARTA SEBESTYEN - BULGARIAN MELODY

またディープフォレストに戻りますが、この曲とかも凄く好きで繰り返し聴きました。これもMarta Sebestyenだったとは!

エレクトロニカとなっても自分がいちばん反応してたのは人の声だったんだなぁと改めて思いました。Marta Sebestyenの声は音の狭間への入り込み方が鋭く耳に残ります。

曲とともに当時の記憶が鮮明に甦ってきて、せつない気分です。あぁ。

Boheme

Boheme

 

 

90年代は民族っぽいサウンドを起用したエレクトロニカが雨後の筍のように出てきました。民族音楽は人間の心の奥底に訴えかけるような、魂が何かを思い出しそうな、そんな雰囲気があります。電子音楽と合わせることで、そこに説明が入り理解しやすくポップになるんですよね。(ミュージシャンのイメージしている理解ともいえますが)

こんなのがあったなぁ、ということで幾つか貼っておきます。

 


Enigma - Sadeness [HQ]

当時はエニグマディープフォレストが毎日必ずラジオから流れていました。

サッドネス(永遠の謎)

サッドネス(永遠の謎)

 

 


Stone Age - Zo Laret

これも本当よく聴いたなぁ。

Stone Age

Stone Age

 

 

 


Stone Age - Maureen Maguire

この曲は何度か泣きました。

Les Chronovoyageurs

Les Chronovoyageurs

 

 


Adiemus - Karl Jenkins

これはなにかテレビ番組のテーマソングにもなっていた気が・・・

Songs of Sanctuary

Songs of Sanctuary

  • アーティスト: London Philharmonic Orchestra,Karl Jenkins,Mary Carewe,Miriam Stockley
  • 出版社/メーカー: Venture
  • 発売日: 1995/05/15
  • メディア: CD
  • クリック: 58回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

おおお、、、多くの人のハートを鷲掴みにしたこの曲を忘れていました。

どこにかわかりませんが、そこに帰りたいです。お母さ〜ん!!


Deep Forest - Sweet Lullaby (Original Completo)

 

Deep Forest

Deep Forest