頭の中の日本語

試運転中

超せつないです。Mura Masa 「Love$ick ft. A$AP Rocky」

ラジオから流れてきた瞬間、うわー何!!この曲!!!と興奮してしまいました。

Mura Masa の「Love$ick ft. A$AP Rocky


Mura Masa - Love$ick ft. A$AP Rocky

Mura Masa

Mura Masa

 
Love$Ick (feat. A$AP Rocky)

Love$Ick (feat. A$AP Rocky)

  • Mura Masa
  • エレクトロニック
  • ¥250

(↑このデザインの感じ、凄く90年代っぽいですね!)

 

またいつものごとくラジオのヒットチャートを調べ、ビルボードのチャートを調べして、、、YOUTUBEで見つける迄に4時間もかかってしまった。あぁ。しかもこの曲は1回スルーまでしてしまいました。というのは、始まりがスマホで撮った動画っぽかったので、個人のビデオか〜と思って、チラ見で他に行ってしまったのです。2回目は再生回数に目がいったので、おいおい、これは何かあるでしょ、、、とちゃんと辿り着くことが出来ました。

 

この曲はもとはA$AP Rockyのラップが入っていなくて、こんな曲でした。


Mura Masa - Lovesick F*** (feat. Bonzai) (BBC Music Sound Of 2016)

 

私が元曲を聴いたのは、A$AP Rockyのラップ入りを聴いてからでしたので、後からこれを聴くと、まるでA$AP Rockyの声が入ることを待っている曲に聴こえます。元曲も美しいですが、A$AP Rocky凄いなー!声が入ることで、あんなに抑揚のある曲になるんですねー!!あとA$AP Rockyバージョンから入るようになったパパパァーンっていうラッパ(?)の音!!完璧。そしてパパパァーンを聴いたときの自分が召集される感。うう、この曲、めちゃくちゃ良い!

 

こちらにA$AP Rockyとコラボが実現したときのムラマサ君(日本人みたいな名前だな! ※注1)のコメントが出てましたので、貼っておきます。

iflyer.tv

 

私は今回の「Love$ick ft. A$AP Rocky」のようなジャズっぽいピアノの音の入ったヒップホップがすごく好きなんですね。

古い曲ですが、これとか凄く好きです!

Love$ickを初めて聴いた時にこの辺のグッとくる感じがあったのです。


Wu-Tang Clan - C.R.E.A.M.

 

 

さて、ムラマサ君は他にもチャーリーXCXとも「1 Night 」を出しました。


Mura Masa & Charli XCX - 1 Night (Official Video)

 

1 Night (feat. Charli XCX)

1 Night (feat. Charli XCX)

  • Mura Masa
  • エレクトロニック
  • ¥250

 

こちらは「Love$ick ft. A$AP Rocky」のような衝撃はなかったのですが、何度も聴くにつれ、チャーリーXCXの欲深い声がくせになりました。あとはチャーリーXCXのくねくねプリプリした感じを見るのがやめられません!!どこもかしこも茹でたてのエビみたいです!

 

「Love$ick ft. A$AP Rocky」に近い雰囲気の曲として、こちらも良かったです。

最後が不思議なブチ切れ方。


Mura Masa - What If I Go? (Official Video)

 

What If I Go? (feat. Bonzai)

What If I Go? (feat. Bonzai)

  • Mura Masa
  • エレクトロニック
  • ¥250

 

ムサマサ君は楽器も扱えるし、音も作れるし、何でも出来る感じです。ジャージー姿だと部活帰りみたいに見える21才!

どのビデオも揺れ動く多感な年頃って感じで、音と合ってて、せつなくてナイス。

 

※注1 MURA MASAは日本刀の「村正」からとったステージネームで、本名はAlex Crossanだそうです。(ウィキ参照)

Stargate Waterfall (ft. P!nk, Sia)のリミックスで90年代の民族電子音楽を思い出す

ちょっと前にWaterfallのリミックスがでました。

これがやたら90年代っぽい懐メロ仕様。うぅ。

この辺の音、この頃再び色々出てきてますよね。


Stargate - Waterfall (Seeb Remix) [Audio] ft. P!nk, Sia

 

ディープフォレストを思い出しました。この辺この辺。


Deep Forest - Deep Forest

ディープフォレストは起用しているボーカルが凄く良いので、今聴いてもぐっと来ます。

個人的にディープフォレストといえば「Marta's Song」です。この曲がJ-WAVEから流れてきた時は衝撃的でした。

Deep Forest - Marta's Song

 

この声!一度聴いたら忘れられません!!今回、WaterfallのSeeb Remixを聴いたのを機にYOUTUBEで聴いていたのですが、「なぜMarta's Songという名前なんだろう・・・?、私にとってMartaといえばMarta Sebestyenのことなんだけど・・・もしや!!!」と思って調べたら、ああ〜!Marta Sebestyenが歌ってた(涙)と、20年経って初めて気がついたのです。
Marta Sebestyenはイングリッシュ・ペイシェントのサントラで知りました。彼女の歌声、ほっんと素晴らしいです!

映画も良いので、興味を持った方は是非。戦時中の話なのですが、戦争に巻き込まれる人生をとても個人的な側面から描いています。


Marta Sebestyen in The English Patient

しかもこのサントラ、ガブリエル・ヤレドと作っているんですね。ガブリエル・ヤレドは「ベティ・ブルー」のサントラなどもしていますが、複雑な心情を音にする天才だと思います。この曲だけ聴いてもちょっと分からないかもしれませんが、映画と合わせて曲を聴くと、その映画を見てなんとも言えない複雑な気持ちになっている自分を代弁してくれているように感じます。


Betty Blue 37.2° le Matin Gabriel Yared Maudits Manèges

 

 Marta Sebestyenはこれを聴いていました。良いですよ〜!

ザ・ベスト・オブ・マールタ・シェベスチェーン?ザ・ヴォイス・オブ“イングリッシュ・ペイシェント”?

ザ・ベスト・オブ・マールタ・シェベスチェーン?ザ・ヴォイス・オブ“イングリッシュ・ペイシェント”?

  • アーティスト: マルータ・シェベスチェーン,マールタ・シェベスチェーン
  • 出版社/メーカー: ビデオアーツ・ミュージック
  • 発売日: 1997/04/23
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 


DEEP FOREST FEAT. MARTA SEBESTYEN - BULGARIAN MELODY

またディープフォレストに戻りますが、この曲とかも凄く好きで繰り返し聴きました。これもMarta Sebestyenだったとは!

エレクトロニカとなっても自分がいちばん反応してたのは人の声だったんだなぁと改めて思いました。Marta Sebestyenの声は音の狭間への入り込み方が鋭く耳に残ります。

曲とともに当時の記憶が鮮明に甦ってきて、せつない気分です。あぁ。

Boheme

Boheme

 

 

90年代は民族っぽいサウンドを起用したエレクトロニカが雨後の筍のように出てきました。民族音楽は人間の心の奥底に訴えかけるような、魂が何かを思い出しそうな、そんな雰囲気があります。電子音楽と合わせることで、そこに説明が入り理解しやすくポップになるんですよね。(ミュージシャンのイメージしている理解ともいえますが)

こんなのがあったなぁ、ということで幾つか貼っておきます。

 


Enigma - Sadeness [HQ]

当時はエニグマディープフォレストが毎日必ずラジオから流れていました。

サッドネス(永遠の謎)

サッドネス(永遠の謎)

 

 


Stone Age - Zo Laret

これも本当よく聴いたなぁ。

Stone Age

Stone Age

 

 

 


Stone Age - Maureen Maguire

この曲は何度か泣きました。

Les Chronovoyageurs

Les Chronovoyageurs

 

 


Adiemus - Karl Jenkins

これはなにかテレビ番組のテーマソングにもなっていた気が・・・

Songs of Sanctuary

Songs of Sanctuary

  • アーティスト: London Philharmonic Orchestra,Karl Jenkins,Mary Carewe,Miriam Stockley
  • 出版社/メーカー: Venture
  • 発売日: 1995/05/15
  • メディア: CD
  • クリック: 58回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

おおお、、、多くの人のハートを鷲掴みにしたこの曲を忘れていました。

どこにかわかりませんが、そこに帰りたいです。お母さ〜ん!!


Deep Forest - Sweet Lullaby (Original Completo)

 

Deep Forest

Deep Forest

 

 

 

戸川純さんの「わたしが鳴こうホトトギス」MV

そろそろMVが出ているんじゃないかと思って調べたら、出てました!!!!!


戸川純 with Vampillia / わたしが鳴こうホトトギス / MUSIC VIDEO

 

可愛い〜!純ちゃんの懐かしいステージ衣装も出てきますね。

この曲への熱い気持ちは以前のブログで書きました。

(この日記を書いたときにはまだMVが出ていませんでしたので、早速こちらにもYOUTUBE貼っておきました)

yukie.hatenablog.com

 

純ちゃんの作品を見ていると、魂を込めて何かを創る、表現するということは、こうゆうことだよなぁとしみじみ思います。私もそういった気持をいつまでも忘れずにいたいと思います。

 

それから純ちゃんがゲストのラジオ(なのかな?)。

こちらも面白かったので貼っておきます。


戸川純 2017.4.3 すっぴん!

 

わたしが鳴こうホトトギス

わたしが鳴こうホトトギス

 

 

ストレス球 その2

ガルンガン、クニンガンというバリ島の祭日がやっと終わりました。特に本日のクニンガンは神様に捧げるお食事を沢山用意するので、準備がべらぼうに大変でした。

f:id:miiikbali:20170414162042j:plain

いつもは上の小皿の中を顔に仕立てるのですが、今回はもう体力の限界で、顔にならなかった(涙)。細かいセッティングに神経を使うと腰にくるんです。

 

f:id:miiikbali:20170414162143j:plain

50神様分のお食事を用意します。各御膳にご飯皿2個、おかず皿2個で、全部で200皿。が、これはほんの一部で、この他にも山ほどやることがあります。私は祭日の前日からしか手伝ってないので、1週間位毎日作り続けている義母や義姉には頭が上がりません。

バリ人のお姑さんや小姑さんは優しい人たちが多い。こんなの一家団結してやらないと終わらないですよ!私もいつか息子のお嫁さんが来たら、絶対優しくなれると思う。一人女家族が増えるだけで、皆の負担が減って本当に嬉しいです。

「北風と太陽」と同じで、優しくされると「義母さん大変だー」と一生懸命手伝う気持ちにこちらもなりますので、すんごくバリ島の仕組みってよく出来てると思います。

ストレス球のその後

この日記の続きです。

ストレス球 - 頭の中の日本語

また鍼灸の先生のところに行きました。今回は漢方を出してもらいました。先生に「ものすごく怒りを抑えたりしてないか」と訊かれたので、「我慢してることはいっぱいあります」と言ったら、「そのままだと心臓を悪くしちゃうよ」と言われました。先生のお顔がいちいち私の気持ちをリアルに表現した凄い表情で、なんていい人なんだろうって感動しました。

そして、そうだよね〜と思いました。

今までは女性ホルモンが私を懐の広い感じにしてたので、たいした我慢も必要としなかったのですが、女性ホルモンが減ってきて、我慢が必要になってくると、体調を崩すようになって来ました。

そこで先生が出してくれた漢方。インドネシアで久々に手書きの漢字をみた!

f:id:miiikbali:20170401164132j:plain

先生の処方箋を漢方屋に持っていってMY漢方を作ってもらいました。

お値段は4日分で500円くらい。

漢方を揃えるのに30分ほどかかってました。

漢方屋さんは採算が取れているのでしょうか?

f:id:miiikbali:20170401170052j:plain

漢方は煮出して飲みました。

とりあえず4日分ですぐに終わってしまったのですが、その間、我慢がきかないのか、色んな事で泣いて泣いて大変でした。

もう今までみたいに頑張れないー、我慢もできないーって喚いて、こいつ危ない!っと家族は思ってくれたので、私生活は少し体制が変わり、安定に向かいました。

お仕事のほうも色々変化がありました。大変申し訳無いと思いつつも、幾つかのお仕事をお断りしました。 

 

女性ホルモンは美輪さんと叶姉妹の味

鍼灸の先生に出して貰った漢方があっという間に終わり、その後、またストレス球が出てきました。漢方を飲んでいる間は殆ど気にならなかったので、効いていました。先生!ホームランです!

しかし、バリ島は儀式続きでなかなか先生のところに行けません。ストレス球は待ってくれません。仕方がないので、禁断の「美輪さんのハーブ」を再び持ち出しました。

「美輪さんのハーブ」とは私が勝手に命名したインドネシアの薬局で入手出来るサプリです。本当の名前は「HERS」と言います。これ。

f:id:miiikbali:20170415215947j:plain

ストレス球とともにいつもより人にキツくなってしまったり、言わなくていいことを言ってしまったりが続いて、しまいには些細な事で義兄の奥さんにがががーと色々言ってしまった時があって、こんなことを続けてたら、人間関係が崩壊してしまううう。と思って、 漢方を頂く前に飲んでいたんです。

最初に飲んだ時は、義兄の奥さんにガガガーの後で、超後悔して絶不調だったので、夕食後に1錠〜2錠と書いてあったので、2錠飲みました。結果、全く眠れなくなりました。飲んでしばらくして、胃の中でタブレットがジュワッと溶ける感覚とともに、身体が暖かくなって、なんか懐かしい身体感覚。その後、ピンクとパープルのシルクが揺れるイメージと言うんですか、ふわふわしたボカシとともにキラキラと輝く美輪明宏さんのイメージ。私の気分はすっかり叶姉妹です。「私はソフィア、あなたはロゴス?」(恭子さんっぽい)とか脳内が言うんです。

このサプリで鬱々した私は一瞬に消えたのですが、叶姉妹も私じゃないー!っとサプリの強烈さにびっくりしました。それとともに叶姉妹と美輪さん(?)がどれだけ女性ホルモンが多いのかを実感いたしました!

その後、1錠にサプリを減らしてみましたが、昼間に飲んだら、「頭が締め付けられる〜!ひぃ〜!」となってしまい、早々と鍼灸の先生の元に走ったのです。

そんなことがあったので、非常にこのサプリを警戒していたのですが、もの凄く女性ホルモンを出すのはわかっているので、先生のところに行けない間、寝る前に半錠だけ飲んでみました。今度は正解でした。眠れるし、ストレス球もだいぶ良くなりました。

(ちなみに日本には更年期に効く、素晴らしいサプリがいっぱいありそうなので、このハーブはキツイし、オススメしません)

 

先生の鍼灸もそのまま続けていきたいと思います。

Stargate 「Waterfall ft. P!nk, Sia」、ローラ・マーリング、セシル・マクロリン・サルヴァント


Stargate - Waterfall ft. P!nk, Sia

 3月10日にリリースされたスターゲートの「Waterfall ft. P!nk, Sia」。このところ毎日聴いてます。曲調は凄くシーアっぽいです。繰り返すフレーズに侵食されていく感じは、ダイヤモンドを思い出します。ダイヤモンドがじりじり欲望の階段を登って地平線に広がるのだとしたら、Waterfallは階段を登った後に、落ちていく感じ(Waterfallだからそうなんだけど)。聴いていてやたらと気持ち良いです。このMVも曲と合わせて見てると、この浮いている人みたいな感覚になってくる。P!nkとSiaの組み合わせって、バランスが良くてぴったり。なんだか秘密めいてて、その深淵に落ちていってしまう。

Waterfall (feat. P!nk & Sia)

Waterfall (feat. P!nk & Sia)

 

シーアの低い声はセクシーで、聴いていると胸元をかきむしりたくなります。
Sia - The Real Thing


Sia - The Real Thing

 


それから秘密な感じと言えば、これもまた女性二人の絡みもののMV。最近聴いているローラ・マーリングの「Soothing」です。


Laura Marling - Soothing

 ローラ・マーリングはこの曲で知りました。他の曲も色々聴いてみたのですが、これが一番好きです。他を聴くとジョニー・ミッチェル系のとても知的な声をしているなぁという印象だったのですが、この曲の声はもっとしっとりしてて艶がありますね。

Soothing

Soothing

 

この曲に惹かれたのは、おそらくトーリ・エイモスの「IIEEE」を思い出したこともあると思います。かなり昔のものですが、このライブは最高。この頃のトーリのライブは神がかっているというか、悪魔がかっているというのか、とにかく観ているとグイグイ引き込まれます。


TORI AMOS live IIEEE

From the Choirgirl Hotel

From the Choirgirl Hotel

 

アルバムも良いですが、このアルバムに入っている曲のライブをYOUTUBEで観るのがオススメです。ライブ凄いです!!

 

ジョニー・ミッチェルは「The Jungle Line」の怪しい感じが好きですね〜。日本人には阿波踊りにも聴こえますけど、、、ビリビリしてて痺れます。


Joni Mitchell - The Jungle Line

夏草の誘い

夏草の誘い

 

 このアルバムの収録曲「Edith And The Kingpin」も大好き。独りぼっちの夕暮れに田んぼや海を見ながら聴くと孤独で最高。

 

先日の日記で少し載せていたセシル・マクロリン・サルヴァントもすっかり気に入って色々聴いています。もうこの人の声!!!高いところから低いところ、細いところから太いところにひゅ〜んと引っ張られていくのが、たまらないです。セシルの声の中で飴玉みたいに転がされてます。演奏も素晴らしい。本当なんちゅー声とユニークで素敵な感覚の持ち主なんでしょう!まだ若いから、これから長いこと私を楽しませてくれると思うと、ワクワクします。


Cécile McLorin Salvant - Womanchild (live on KCRW)


Cécile McLorin Salvant - Baby Have Pity on Me (live on KCRW)

フォー・ワン・トゥ・ラヴ

フォー・ワン・トゥ・ラヴ