読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の日本語

試運転中

クリシュナムルティ

このところすっかりハマって読んでいます。 以前、クリシュナムルティが大好きなお友達から「しなやかに生きるために―若い女性への手紙」という本を借りて読みました。 しなやかに生きるために―若い女性への手紙 作者: ジッドゥクリシュナムルティ,Jiddu Kri…

竹宮恵子さんの「風と木の詩」と大島弓子さんの「バナナブレッドのプディング」

(虎の巻みたいな日記になってしまいました。ごめんなさい) 年末に何か軽く読める本が欲しくて友人に「何か貸して〜」とお願いしたら「まだ読んでないけど、街場シリーズだから読みやすいはず」といって内田樹先生の「街場のマンガ論」を貸してくれました。…

昨日書いた小田嶋隆さんの続き。

昨日の日記で小田嶋隆さんとアルフレッド・ジャリについて書きましたが、上手く説明できないもどかしさを感じながら、うんうん唸っていたら、内田樹先生が小田嶋隆さんについて書いた文章を見つけました。http://blog.tatsuru.com/2008/04/17_2149.php以下、…

アルフレッド・ジャリの「超男性」くらい面白い小田嶋隆さんの「イン・ヒズ・オウン・サイト」

小田嶋隆さんは内田樹先生の本で知りました。とりあえず日経ビジネスオンラインの『ア・ピース・オブ・警句』から読み始め、凄く面白かったので、何かもっと強烈なのが読みたくなり、目に止まったのが小田嶋さんの個人ブログをまとめた本「イン・ヒズ・オウ…

秋の夜長にどうでしょう?

私は1年中夏の国に住んでいるので、秋の夜長なんてないのですが、好きな本を選んでみました。雪の女王雪の女王作者: ハンス・クリスチャンアンデルセン,バーナデットワッツ,Hans Christian Andersen,Bernadette Watts,佐々木田鶴子出版社/メーカー: 西村書店…

ANDREW THOMAS HUANG

作者が分からなくて数日モンモンとしていたブルーク・キャンディのブラジルファンクラブがアップした「POP ROCK」の動画ですが、やっと作者が分かりました!嬉しいな〜! 作者ANDREW THOMAS HUANGの動画をご紹介します。 ブルーク・キャンディの動画は↑ここ…

内田樹先生とレヴィナス先生とシーア

夏に発表される予定のシーアのニューアルバムは「1000 Forms of Fear」というタイトルのようです。日本語にすると「1000種類の不安」とか「1000種類の恐怖」とかになるでしょうか。シーアの今回のアルバム・タイトルを見て、またまた内田樹先生の「レヴィナ…

最近読んでいる本のことなどいろいろ

先ほど、旦那が子供達を連れて仕事場に来ました。明日学校だし早く帰らないとーと思っていたら、明日はイスラム教の祭日で学校もお休みらしいです。なので、久しぶりに趣味のことなどなど。最近も相変わらず内田樹さんの本を読んでいます。その前は精神科医…

「日本の文脈」など

このブログによく登場する、私の高校生のときからの友人(つうか、苗字呼び捨てで呼ばれてるので先輩って感じ 笑)から、以前、内田樹さんのブログを教えてもらい、ちょくちょく読んでいて、ユダヤ人の哲学者レヴィナスなど興味を持ったので、本を持っている…

中等度異形成の私がしていること、読んでいる本。

ネットを探していてなかなか見つからないのが、子宮頸部中等度異形成の人のブログとその人達は何してるのか、どうなったのか、という記事です。軽度異形成のように、そのうち治るさ〜というレベルでもないし、高度異形成のように円錐切除術という展開にもな…

本じゃなくてネットでしか読んだことないけど・・・OSHO!

最近はネットでOSHOの講話を読むことにハマっています。 OSHO(1931〜1990)はインドの神秘家。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6 以上、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。 この日記を書くためにウィキは…

最近はまっているスープ「サンラータン」

日本の母が送ってくれたレシピ本に出ていた「サンラータン」という酸っぱいスープにはまっています。 とても簡単で美味しいのでレシピ載せておきます。 - 材料(4人分): 豚バラ薄切り肉 200グラム 生しいたけ 2個 たけのこ水煮 80グラム 万能ネギ …

上の二つがあまりにもコテコテなので、もう少しソフトなものを

愛のかたち(Hounds of Love) 初めて聴いたのはもう20年近く前になりますが、手元から長く離れていたこともあって、どうしても聴いてみたくなって購入。 日本語訳もついていて、歌詞の内容も楽しめました。 全体的に躍動感がありながら、とにかくマニアッ…

最近感動した二つの作品

お仕事のほうは、最近また新作をいくつか作りましたので、近いうちにアップしたいと思っています。気分転換に常夏のバリ島から、日本の秋気分で本と音楽の話題を。どちらも非常に内省的で、魂の深淵に触れるような要素を含んだものですので、くつろぎの雰囲…