読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の日本語

試運転中

侵入者

すみません・・・一気に内容が変わります。

先日は一日中雨が降っていて、こんな夜はゆっくり皆でご飯食べて、ダラダラしたらいいなぁと思いながら、パスタやサラダを作ってました。旦那が外から戻ってきて、風呂に入っている間、テラスに出てみると、あれ〜なんか外がプールみたいになってる・・・と思って、旦那に「なんか洪水みたいだよ」って言ったら、「さっきから、そうなんだよ〜」って余裕の答えが返ってきたので、ふーん、まあいいっか、と思いながら料理してました。

旦那が風呂から出てきたので、ちょっと外を見てもらったら「ヤバイ!浸水する!!」って言い出し、それから机という机を集めて、仕事場にある大量の商品や生地を上げ始めた。やばいよ!やばいよ!これらが濡れたら倒産だ〜!!つうことで、皆で超特急で動くが、凄い勢いで水が上がってくる。
「部屋のコンピューターが危ない!電源!感電する!」っと旦那が叫び、駆け出す私。部屋に入ると、扉の隙間から宇宙生命体みたく、水が浸入してきた!ぎゃ〜〜〜!!と心で叫びながらも、エイリアンのリプリーを思わせる機敏な動きをする。脳内で「火事場の馬鹿力」という言葉がささやかれる。侵入者に対し、布団を飛ばして時間を稼ぎ、PC関係を全部上に持ち上げた。1秒差でセーフだった!

その後も雨は止まず、ああ、もしかしたらバリ島は水没してしまうんでないかと思いながら、ノアの箱舟のこととか考えていた。自然なことだし諦めましょうか・・・。義母は市場のお供え物がどうのこうの・・・とブツブツ言っている。子供たちは家の中で水に乗って滑っている・・・君たちそれ下水だよ・・・避難した商品に近づきそうになったので「やめろ!」と怒鳴り、仕返しに怒鳴り声を真似された。

夜も更けてきた頃、雨は勢いをおとし、水が引いていきました。
とりあえず大事には至らなかったが、家具はすっかり水浸しになり、皆で片づけが終わった頃はすでに深夜12時。途中で火を止めたゆでかけパスタは鍋いっぱいに膨れ上がっていた。もちろん食べましたが、とても疲れました。。。

当時の気分にぴったりな画像は以下のURLから借りました。
http://ameblo.jp/public/image/displayimage.do?imagePath=/user_images/70/ca/10067031845.jpg