読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の日本語

試運転中

ラナ・デル・レイ、エリー・ゴールディング、マリーナ・アンド・ザ・ダイヤモンズ

しばらく忙しくてブログが書けませんでした。
今もなんだか目一杯な感じなのですが、最近の90年代を思い出すような女性ボーカルの充実ぶりが嬉しくて、とりあえず、聴きまくってる音楽をご紹介します。
  
ラナ・デル・レイ LANA DEL REY☆
去年、このブログでも何度も書きました。涅槃の境地から愛を歌うスーパー・サッド・コア。いつも憂いに満ちた表情で、絶対怒らない感じの美しい人。
 
精神的にすごく終わってるのに、溢れる泉のごとく曲を作れるのが不思議です。

 
最近気に入った終わってる曲。

 

ボーン・トゥ・ダイ ザ・パラダイス・エディション

ボーン・トゥ・ダイ ザ・パラダイス・エディション


☆エリー・ゴールディング ELLIE GOULDING☆
つい、先日までハマりにハマって、感動して泣いたりまでしてました。繊細な歌声に愛と勇気を乗せて、宇宙の果てまで駆け抜ける伝説の少女です。
昨年後半までスクリレックスの彼女でもありました。遠距離恋愛が原因で別れたらしいですが、エリーがアメリカに住むのは難しいだろうと思うくらいイギリスで愛されていると思います。繊細なのに力強くエモーショナル。セカンドアルバムは和訳付きを待っているので、まだ入手していませんが、ファーストのデラックス・エディション「ブライトライト」はプロデューサーも彼女の世界に惚れ込んで作ったのが伝わって来る素晴らしい出来です。
 
この曲の後半の”star 〜”という歌声を聴くといつも泣きそうになります。

  
エルトン・ジョンのユア・ソングのカバーです。素晴らしいですよ。

 
セカンドは少し大人になったエリーです。ファーストとはまた全然違った世界だけど、とても素直に作られている感じがします。

 
弾き語りなども息を止めて観てしまいます。この歌声にぴったりの可憐な容姿、ほとんど奇跡です!

 

Brights Lights

Brights Lights

Halcyon

Halcyon

ハルシオン」の和訳付きは3月発売みたいです。



☆マリーナ・アンド・ザ・ダイヤモンズ MARINA AND THE DIAMONDS

ブログに書いときたいと思わせたのはマリーナの影響です。2010年にデビューしていたみたいなのですが、つい先日知りました。聴いた途端に、むちゃハマりました。今までエリーを聴いて夜空を駆け巡っていたのに(年相応な表現でなくてスミマセン)、突然ブラックホールが現れて吸い込まれた感じです。ヤバい。久しぶりに仁王立ちのケイト・ブッシュに再会してしまったような衝撃(※参考動画)。家が厳しかったりと、抑圧された環境にいたみたいで、彼女の歌は牢獄から出て来た囚人がはしゃいでるようにも聴こえます。何とも気持ちを高揚させるドラマチックな曲の展開と美しい声、図太いドスコイな波動。圧倒的な個性。妖怪入ってて、最高です。
 
ライブでは目の前に扇風機がデフォ。

 
美しい曲が好きな方はこちらを是非。暗くて、輝いてて、bloody brilliantな曲です。

 
バリ島では毎日ラジオで流れるプリマドンナ。日本でもよく流れてるのでは? ケイティ・ペリーのプロデューサーと作ってるので、基本ポップですが、何かが違う〜w

 
このマリーナは美しくてかっこいいけど、、、やっぱり変なファーストアルバムからのPV。邦題は「静かな湖畔でカッコーに襲われた」(ウソ)。

 
以下の曲とかもエキセントリックでむちゃくちゃツボってます!!
アラジンの魔法のランプから夜の女王(モーツァルト魔笛)が登場してコサックダンスを踊る!って感じ。

 
マリーナはもの凄くパワフルですが、同時にとてもナイーブな側面も持った人。歌詞も韻や言葉遊びがふんだんに使われていて面白いです。
 

Electra Heart: Deluxe Edtion

Electra Heart: Deluxe Edtion