頭の中の日本語

試運転中

自分の聴き方で紹介しますので偏っています。SKRILLEX名作のご紹介。その1。

ヨガウエア屋のこのブログ、いつの間にかスクリレックス検索で来て下さる方がとても多くなりました。同じファンとして嬉しいです。ありがとうございます^^。

スクリレックスはアルバムを出していないにも関わらず、グラミーを2年連続で3つずつ獲得すると言う快挙を成し遂げていますが、それにはそれなりの理由があると思うのです。もの凄い数のアンリリースの名作があるのです。私もソニー・ムーアのソロと合わせて100曲以上キープしています。ということで、もしかしたら知らない方もいるかもしれない名作を少しずつご紹介してみます〜。
   
では、全然スクリレックスの名曲と関係ないとこからはじめます(すみません)。先日、youtubeを見てたら、スクリレックスとモーツアルトのバトルラップを見つけてしまいました。

私も初めてスクリレックスを聴いたとき現代のモーツアルトだーっ!!と大興奮していたので、同じことを思う人はやっぱりいたんだなぁと。その後、天才若死はとっても嫌だし、若い時から大変な苦労・苦悩をしているということで、私の中では現代のベートーヴェンと言うことに変更しました。スクリレックスの曲は聴きやすい4分前後が多いですが、1曲の中でクラシック的な曲の変貌を遂げる所が特徴だと思います。構成がとにかく凄い。どんどん変化して、とんでもない所まで飛ばされます。
   
   
1. My Name Is Skrillex (HQ)

これは自主制作でリリースしています。ソニー・ムーアがスクリレックスになる決意を表明したと思われる曲。これのスクリレックス・リミックスもあります。タイトルはSKRILLEX"My Name Is Skrillex"(SKRILLEX REMIX)がくどくて好きですが、曲はこのオリジナルバージョンが大好きです。この曲が変貌して行く様を聴いてみて下さい!!
初期のスクリレックスのギリギリやばい感は一部のファンに今でも猛烈に指示されていると思います。私もその一人です。どれだけこの精神の崖っぷちでバランスを取ったのでしょう、この青年。もしくはその絶壁に飛び込んだという感じでしょうか。
途中の叫びが「オムレツ」にしか聴こえません。オムレット・アセンション!!(テキトーだなぁ・・・)出だしはスクリレックスの顔をした機関車がやってくるイメージです。わざわざプリントアウトして落書きしてしまった。。。

   
   
2. Scream and Shout (skrillex remix)


シェ〜!!!!!
   
   
3.horse the band - golden mummy golden bird (skrillex remix)

ニンテンドーコアのhorse the bandのリミックスです。もう原曲と全然違う曲になっております。原曲の展開も異常ですが、このリミックスはなんと途中で懺悔コーナーが始まるのです。ありえない展開!!
80年代末期、私が高校生の頃に日本でノイズ・インダストリアル系を一緒に聴いていた少し年上の先輩的なお友達がバリ島に居るんですけど(ありえない展開!!)、今はもう両方ともおばさんなのでほとんど年の差もなくなってしまいましたが・・・、彼女にスクリレックスを聴かせたら、ノイズ・インダストリアル系に足らなかった色気があるね、と言われて私はとても納得したのです。
ノイズ・インダストリアルは大好きだけど、スクリレックスの感動には及ばない。多感な高校生に聴いた音楽よりも鈍感な中年になってから聴いた音楽にこんなにも感動するとは思いませんでした。本気で凄いソニー・ムーア。20歳そこそこで本能だけでこれをやってのける感が大天才です!!ニンテンドーコアの懺悔の告白。宇宙の果てまで行けそうです。

今日はここまで。他にももの凄い曲がいっぱいなので、また勝手にご紹介させていただきます。