頭の中の日本語

試運転中

Great Gatsby観に行きたい!!


ラナ・デル・レイもサントラに参加している映画「Great Gatsby」。日本では「華麗なるギャッピー」のタイトルで公開されるのでしょうか?学生時代に古いほうの映画は見たように思うけど、内容全然覚えてなくて(たぶん大人の話で分かんなかったのかも+年月が経ち過ぎて忘れた)、ああ面白そうだなー、観たいなーと思っております。バリ島で劇場公開されるのだったら観に行きたい!!
  
上に乗せたトレーラーでもラナ・デル・レイの曲が流れていますが、このサントラ、ラナちゃん以外も濃厚な感じの愛の歌に溢れてて素晴らしいです。
  
ラナ・デル・レイはPVも作っています。また、このPVは1940年にウォルト・ディズニーが公開した映画「ファンタジア」のオマージュにもなっています。この曲のラナ・デル・レイの声を聴いて、ロゴスとソフィアのソフィアのような声だなーと思ってしまった。まあ、声があればの話しですが、、、いくらなんでも褒め過ぎでしょうか(笑)。

  
こちらがウォルト・ディズニーの「ファンタジア」です。共感覚的な芸術映画で、普通のディズニーの映画とは一線を画します。音が映像を作って行く様が映し出されたオープニング。幻想的で美しいです。

  
それから、ビヨンセ!!もうRun The World (Girls)とか聴いてたら、女神は最強過ぎてこの人の身長は10mくらいありそうって思っちゃって、踏みつぶされる〜!!って感じなんですが、このサントラは情念こもった凄くセクシーな声です(でもやっぱり身長10mくらいありそうだけど・・・)。ビヨンセの声が出てくるのは後半です。

  
最後にこの映画のサントラでお名前を知ったSIAさん。いや、参りました。完全に惚れてしまいました。もうSIA大好きです!!この人の歌と声の感情の豊かさに感動してしまって泣きそうです。この曲は前半は感情を隠すかのようにクールに歌っているんですけど、後半、強く歌い上げる声の中に張り裂けるような感情が見え隠れして鳥肌が立ちました。ネットで調べると、まだ日本ではあまり知られていないようなので、後でもっと詳しくご紹介させていただきます。

Great Gatsby: Deluxe Edition

Great Gatsby: Deluxe Edition