読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の日本語

試運転中

Angel Haze エンジェル・ヘイズのCleaning Out my Closetとシーアのことなど

音楽 SIA シーア

エミネムはシーアとのコラボを聴くまで全然聴いたことが無かったのですが(誰にも怒られてないけどすみませんと謝りたいです)、Beautiful Painを聴いて驚いて腰が抜けました。それと同時に2013年のシーアの活動まとめをしてて知ったエンジェル・ヘイズも興味が出て、色々聴いてたのですが、彼女の声!!超ガツンと来ました。エミネムの女性版というか、非常に強いメッセージを伝えられる人だと思いました。知的な雰囲気のある人なので、サンティゴールドにも少し近いものも感じる。

エンジェル・ヘイズがエミネムのCleanin' Out My Closetの歌詞を自分の体験に変えて赤裸々な告白を歌ったCleaning Out my Closetでは、トーリ・エイモスのME AND A GUNを思い出しました。自分の痛みをさらけ出すことで、それに勇敢に立ち向かう。
私が特に気に入ったのは、この曲の最後で「一緒に聴いてくれてありがとう」と歌っていることです。この部分があるために、この曲は痛い曲ではなくて、癒しの曲になっているのだと思います。
エミネムのCleanin' Out My Closetと一緒に載せておきます。

Dirty Gold

Dirty Gold

  
トーリ・エイモスのME AND A GUNはこんな曲です。

ファーストアルバムに収録されています。もう20年以上前のアルバムなんですね(当時は私も若かった・・・)。   
ところでエンジェル・ヘイズはシーアの大ファンだそうです。
英語になりますが、エンジェル・ヘイズがシーアについて語っているインタビューがあったので、リンクを載せておきます。
DIGITAL SPYの記事「Angel Haze interview: 'I could die to Sia's music'
billboardの記事「Angel Haze Reveals 'Epic' Track With Sia on Finished 'Dirty Gold'
  
シーア自身も去年はビルボードで珍しくインタビューに応じています。(シーア表紙のデザインコンセプトが素晴らしい

billboardの記事
「Sia: The Billboard Cover Story」
「My Anti-Fame Manifesto (By Sia Furler)」

インタビューでは「全て自分ではあるのだけど、それだけではない。本当の自分を語ったら可愛くないと思われるのが怖かった」というようなことを語っていました。ファンはその辺を逆によくわかっていると思うんですけどね。
皆がシーアのことを愛しく思うのは、その臆病な性格に自分を重ねることができるからだとも思う。実際、私も今まで色んな女性ボーカルを聴いてきて、ケイト・ブッシュビョークトーリ・エイモスなど大好きなのですが、ケイトはともかく(半端ないので説明できない)、ビョークやトーリはとても強い女性なので、その部分が重ならないというのを感じていました。シーアを聴いてやっと、ああ、なんだか自分を説明してくれているようだ、と思いました。
彼女の言葉の自己主張の控えめさが逆にあのようなエモーショナルなボーカルに繋がったのかとも思います。歌詞のない部分に一番気持ちを込めて歌うので、言葉にならない感情の波に共感出来るのです。

歌う前に「DON'T BE SAD」と言ってます。そんなに気を使わなくてもいいのにと思いますが、こうゆうことを言ってしまうとこが、なんとも好きです。
今年、シーアはアルバムを出すそうですが、ツイッターでアルバムのことを呟いた後に、誰かに何かコメントされたようで、ツイートを消してしまったり、相変わらず繊細で見ている方がハラハラします。次のアルバムでは「今まで語らなかった本当のこと」を歌えているといいなぁと思います。