読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の日本語

試運転中

Brooke Candy - Pop Rock

音楽 SIA シーア

先のブログではシーアを少女のように書いていましたが、彼女は成熟した女性でもあるわけで、シャンデリアのビデオのような少女の面だけではありません。シーアの秘蔵っこブルーク・キャンディのEPでは、プロデューサー、シーアのまた別の顔を覗くことができます。

先日発表されたブルーク・キャンディのEPを毎日ノンストップで繰り返し聴いていますが、これがもうとても素晴らしい出来なのです。
特にハマってしまったのがEPに収録されている「Pop Rock」。聴けば聴くほど最高です。歌詞がかなり過激なので(というか、エロい、というか子供の頃によく食べた「ポップ・ロック・キャンディ」の歌)ご注意を。

まだまだブルーク・キャンディはYOUTUBEの再生回数とか少ないので、もっと沢山の人が聴いてくれたらいいなと思います。ブルーク・キャンディはレディガガほど笑いのベールで色んな事を隠していないので、一般受けするとは言えないですが、好きな人は絶対いるはず。

動画はBROOKE CANDY BRASIL(ブラジルのファンクラブっぽいです)がアップしていたリリックビデオが秀逸なので、それをアップしておきます。このリリックビデオに使われているビデオの作者は誰なんでしょうか?これほどの作品だから、有名な作家さんだと思うけど、調べられませんでした。誰か、知っている人がいたら教えて下さい。この映像ものすごく好きです!

ブルーク・キャンディの名前が「壊れるキャンディ」を連想させるのに対して、「ロック・ポップ・キャンディ」(パチパチ弾けるキャンディ=壊れるキャンディ)と「ロック・ポップ」という音楽のジャンルと、赤く熱した岩が弾ける(硬いものが弾ける)という風に何重にも意味を重ねてあります。簡単な歌詞ですが、やたらと奥行きがあって面白いです。