頭の中の日本語

試運転中

ハテナやっぱり凄い!

ハテナ凄すぎる。ブログ書いた途端に検索に出てきました・・・。

今までの経過をご説明します。

 

長年続けていたはてなダイアリージャスラックから請求が来て、歌詞の引用が出来ないことを知り、過去記事全部を消してお金を払って(私にはキツい額でした)、泣く泣くジュゲムに引っ越しました。

 

ジュゲムはそのままだと文字が読みにくかったので、ブログのレイアウトを作り直したり、色々頑張りました。ジュゲムに移ったのは歌詞の引用が出来るからで、音楽を語るには、特に歌の内容を考えるには歌詞の引用は欠かせないと思ったからです。

 

ところが、ジュゲムだと自分の記事をブログ名と記事タイトルで検索しても全く出てこないのです。しばらくしたら出てくるのかなぁと思い、長いこと待っていましたが、いつまでたっても出てこず。一応、検索にかかる努力はして、何個かはやっと出てくるようになりましたが、新しく書いた記事などは全くダメでした。

しかも、クロームでは自分のトップページが表示できなくなりました。インドネシアはこうゆうことがよくあるのですが、記事を書いても何がなんだか分からないし、これはさすがに参りました。

 

私はバリ島のデンパサールという超ローカルなところにいまして、普段日本語を話すことが全くありません。日本語を使う機会は月に2〜3回、観光地にある自分の店を見に行く時に、仲の良い日本人のお友達と数時間話すだけです。

でも、それだけじゃなくて、自分の話したい時に、日々の色々なこと、特にインドネシア語では語り尽くせない音楽や本のことは、日本語で自分の思ったことを話したいのです。特に、凄い!素晴らしい!!って思ったことは、興味がありそうな人がいたら、伝えたい。私が感動したような気持ちを他の人も持つのだろうか?と思うし、その繋がりから新しいことを教えてもらったりして、私も人と気持ちを共有したい欲望があります。もともとマイナーな趣味だし、誰とでも分かち合えるものでは無いだろうから、一緒に分かち合える人がいるととても嬉しいのです。

 

また、日本語環境的に言えば、無人島に一人ぼっちに近い私にとって、母国語で自分の考えを語るのは、正気を保つためにとても重要です。以前、日本語を使わないため、自己喪失に近い状態が数年ありました。それはネットで文章を書くようになって、人との交流がネット上で出来るようになって、徐々に自分が母国語で考えられるようになって治りました。それまでボキャブラリーの少ないインドネシア語で考えていたので、物事を深く考えることができなくなっていたのです。当時の自分が毎日何を考えていたのか今の私はよく思い出せません。

 

今までずっとはてなダイアリーで書いていて、検索のことなんて全然考えたことが無かったのですが、今回、ジュゲムで本当に孤独感を味わい、検索で誰かに見つけてもらうことは自分にはとても大事なことだと知りました。ジュゲムは検索で来てくれる人が全く居ないのです。はてなダイアリーも更新ペースはすごくのんびりだったので、あまり沢山記事は書いていませんでしたが、過去の記事を読んでいただいた人からコメントをいただくこともあって、それにお返事をするのが、自分にとって癒やしになっていたのです。

 

今回、ハテナ以外の場所も考えたのですが、どーにも好きになれない。唯一ジュゲムならいいな、と思っての移行だったのです。また、FBのような閉じたところで書いても、趣味の話は意味を感じられないし、そもそもFBは苦手で仕事のお知らせとメッセンジャーしか使っていない。

ハテナのような開けた場所だったら、1000人の人が読んでくれたら、一人くらい私が何を言いたかったか、伝わる人がいるかもしれない。

 

そんなことで、もう歌詞を引用したい時だけジュゲムに書いて、ここにリンクさせようかなーという考えに至りました(それはちょっとずるいのかな。それも合わせてよく考えてみます)。五里霧中なので、どうなるか分かりませんが、とりあえず試運転中ということで。どうぞ宜しくお願いします!!