読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の日本語

試運転中

Stargate 「Waterfall ft. P!nk, Sia」、ローラ・マーリング、セシル・マクロリン・サルヴァント


Stargate - Waterfall ft. P!nk, Sia

 3月10日にリリースされたスターゲートの「Waterfall ft. P!nk, Sia」。このところ毎日聴いてます。曲調は凄くシーアっぽいです。繰り返すフレーズに侵食されていく感じは、ダイヤモンドを思い出します。ダイヤモンドがじりじり欲望の階段を登って地平線に広がるのだとしたら、Waterfallは階段を登った後に、落ちていく感じ(Waterfallだからそうなんだけど)。聴いていてやたらと気持ち良いです。このMVも曲と合わせて見てると、この浮いている人みたいな感覚になってくる。P!nkとSiaの組み合わせって、バランスが良くてぴったり。なんだか秘密めいてて、その深淵に落ちていってしまう。

Waterfall (feat. P!nk & Sia)

Waterfall (feat. P!nk & Sia)

 

シーアの低い声はセクシーで、聴いていると胸元をかきむしりたくなります。
Sia - The Real Thing


Sia - The Real Thing

 


それから秘密な感じと言えば、これもまた女性二人の絡みもののMV。最近聴いているローラ・マーリングの「Soothing」です。


Laura Marling - Soothing

 ローラ・マーリングはこの曲で知りました。他の曲も色々聴いてみたのですが、これが一番好きです。他を聴くとジョニー・ミッチェル系のとても知的な声をしているなぁという印象だったのですが、この曲の声はもっとしっとりしてて艶がありますね。

Soothing

Soothing

 

この曲に惹かれたのは、おそらくトーリ・エイモスの「IIEEE」を思い出したこともあると思います。かなり昔のものですが、このライブは最高。この頃のトーリのライブは神がかっているというか、悪魔がかっているというのか、とにかく観ているとグイグイ引き込まれます。


TORI AMOS live IIEEE

From the Choirgirl Hotel

From the Choirgirl Hotel

 

アルバムも良いですが、このアルバムに入っている曲のライブをYOUTUBEで観るのがオススメです。ライブ凄いです!!

 

ジョニー・ミッチェルは「The Jungle Line」の怪しい感じが好きですね〜。日本人には阿波踊りにも聴こえますけど、、、ビリビリしてて痺れます。


Joni Mitchell - The Jungle Line

夏草の誘い

夏草の誘い

 

 このアルバムの収録曲「Edith And The Kingpin」も大好き。独りぼっちの夕暮れに田んぼや海を見ながら聴くと孤独で最高。

 

先日の日記で少し載せていたセシル・マクロリン・サルヴァントもすっかり気に入って色々聴いています。もうこの人の声!!!高いところから低いところ、細いところから太いところにひゅ〜んと引っ張られていくのが、たまらないです。セシルの声の中で飴玉みたいに転がされてます。演奏も素晴らしい。本当なんちゅー声とユニークで素敵な感覚の持ち主なんでしょう!まだ若いから、これから長いこと私を楽しませてくれると思うと、ワクワクします。


Cécile McLorin Salvant - Womanchild (live on KCRW)


Cécile McLorin Salvant - Baby Have Pity on Me (live on KCRW)

フォー・ワン・トゥ・ラヴ

フォー・ワン・トゥ・ラヴ